前撮り(別撮り)とは?これを読めば前撮りの基本がまるわかり!費用・撮影スタイルなど2017.3.21

式をこれからに控え、前撮りをどうするか考えている人も多いのではないでしょうか?
前撮りはやってみたいけど、どこでどんな衣装で撮影できるのか、いくらくらいで撮影できるのか、と分からないことも多いはず。
一生残る写真だし、友人や家族に見せるのに失敗はしたくないところ。
あなたらしい最高に幸せな瞬間をおさめるために、特集記事一覧事前知識として最低限知っておきたい前撮りの情報をご紹介します!
前撮りの基本知識をおさえて、撮影までのイメージを固めていきましょう。

シェアする

1. 前撮り(別撮り)とは?

前撮りとは、一般に結婚式や披露宴の前に撮影すること。最近では、結婚式の後に撮影する「後撮り」も増えていますが、いずれも式とは別のタイミングでの撮影ということで「別撮り」と呼ばれたりもします。 ただし、一言で「前撮り」といっても、衣装や撮影スタイルはさまざま。
あなたにぴったりの撮影スタイルを見つけるためにもまずは「前撮り」の基本を押さえておきましょう。

1-1. 前撮りのメリット

結婚式・披露宴当日は思っている以上に時間がないもの。落ち着いて撮影する時間も気持ちの余裕もないはず。 当日の撮影をプロのカメラマンや友人にお願いしても、あとあと写真を見たらガッカリなんてことも...。
そこで、結婚式より前に、二人の思い出の場所や憧れの場所、憧れの衣装で、思う存分こだわって撮影できるのが前撮りの特徴なんです!
また、結婚式・披露宴当日は和装を着ない人も多いので、白無垢や色打掛など、和装で撮影することができるのも前撮りが人気の理由。
さらに、結婚式当日の予行練習として衣装合わせやヘアメイクのリハーサルを兼ねて行うことができるのも前撮りのポイントの一つです。
ではさっそく、どんな撮影場所や衣装のスタイルがあるのか見ていきましょう。

1-2. 前撮りの撮影スタイル

前撮りは、撮影場所と衣装の組み合わせによって、大きく分けて4つのスタイルがあります。
撮影場所は、天候に左右されずに、好きな小物や背景で撮影できる「スタジオ撮影」、憧れの場所や屋外の季節感を感じられる場所で撮影ができる「ロケーション撮影」の2パターン。
衣装は白無垢、色打掛などの「和装」とウェディングドレス、カラードレスなどの「洋装」の2パターンあります。

1. スタジオ撮影×和装(白無垢)

2. スタジオ撮影×洋装(カラードレス)

3. ロケーション撮影×和装(色打掛)

4. ロケーション撮影×洋装(ウェディングドレス)

2. 前撮りの費用と撮影写真の活用方法

着たい衣装や撮影したいロケーションが決まっていても、やっぱり気になるのは撮影費用。撮影別の費用相場と撮影写真の活用方法について確認してみましょう。

2-1. 撮影スタイル別の費用相場

前撮りの費用は、スタジオかロケーション、和装か洋装、アルバムやデータ枚数などによっても大幅にかわってきます。

撮影スタイル別料金例*

スタジオ ロケーション(国内)
和装 65,500円 112,800円
洋装 58,700円 111,500円
和装+洋装 101,940円 196,500円

* Picmarryに登録されている撮影プラン料金の平均(2017.02時点)

2-2. 撮影写真の活用方法とオプションサービスの費用の相場

撮影写真の活用方法もさまざま。 結婚式でゲストをお迎えする際に使われるウェルカムボードにしてもらえたり、自宅に飾ったり家族にも渡せるアクリルボードや結婚報告用のポストカードにしてもらえるスタジオもあります。
費用相場を参考に、撮影スタジオと納品方法について相談してみましょう。

フォトデータ 45,000円〜65,000円
アルバム 57,000円〜177,000円
ウェルカムボード 18,000円前後〜
ポストカード 13,000円前後〜
アクリルプレート 28,000円前後〜

STUDIO AQUAより参照(2017.02時点)

3. 撮影依頼先と撮影当日の流れ

3-1. 撮影依頼先

撮影依頼先は、専門スタジオだけでなく、結婚式場内の撮影スタジオや提携店にお願いすることも可能です。 依頼先によって撮影場所や撮影内容も変わってくるので、事前に情報収集しておきましょう。

3-2. 撮影当日の流れ

撮影衣装も、撮影場所のイメージは固まったものの、当日の撮影の流れのイメージが掴めない人も多いはず。スタジオ撮影とロケーション撮影の当日の流れを確認してみましょう。

1.スタジオ入り
待ちに待った撮影。胸を膨らませてスタジオ入り!
2.着付け・ヘアメイク
店舗にて着付け・ヘアメイク
3.ロケ地へ移動
スタジオの案内でロケ地へ移動
4.撮影
あなたのお気に入りロケーションのもと、撮影
5.お着替え・写真選び
スタジオへ戻り着替えた後に、撮影写真をチェック!
  • ※ スタジオによっては後日写真選びをする場合があります。

4. Q&A

最後に、前撮りにまつわるよくある質問をご紹介します。

Q1 前撮りは結婚式や披露宴のだいたい何ヶ月前に撮影するものなの?

平均して1ヶ月~2ヶ月が多いです。
結婚式が近づくと、他の準備でバタバタするし、撮影後の写真の仕上がりに2週間~1ヶ月ほどかかるので、早めに済ませてしまうのがポイント!
前撮りのために、遠出をするのはお金も時間もかかるので旅行のついでに撮影しちゃうという人も多いです。

Q2 撮影時間はどれくらいでしょうか?

撮影時間自体は、最短で1時間~1時間半前後です。
ただし、準備や撮影後の写真選びも含めると、半日は確保しておくのがオススメです!

Q3 当日の持ち物はありますか?また、衣装や小物の 持ち込みは可能でしょうか。

スタジオによって、持ち込める衣装や小物は異なるので、事前の打ち合わせで確認しましょう。
ただし、一般的に洋装の場合、新婦はブライダルインナーやストッキング、新郎はアンダーシャツや靴下を持参するのが望ましいです。
また、和装の場合、新婦は肌襦袢や裾よけ、白足袋、体型補正用のタオル数枚、新郎は胸元にゆとりのある アンダーシャツ、ステテコ、白足袋、体型補正用のタオル数枚の持参が望ましいです。

Q4 撮影した写真データは撮影日からどれくらいで受け取れますか?

即日で受け取れるスタジオもありますが、余裕を持って1~2週間は見ておきましょう。
また、ウェルカムボードやアルバム、映像等に利用する際は、準備に時間を要する場合もあるので、後で慌てることのないよう、事前の打ち合わせでスタジオと相談しておきましょう。

5. まとめ

いかがでしたか?事前の準備や、当日の撮影はイメージできましたか?
もちろん、準備は大事ですが、何より大事なのは撮影を楽しむこと!あなただけの最高に幸せなひとときをパートナーと一緒に過ごしましょう。
前撮り・フォトウェディングの撮影予約サイトPicmarryでは、あなた好みの撮影プランがきっと見つかります。まだ、撮影スタジオ・プランが決まっていない人は、Picmarryでさっそく探してみましょう!

Written by Takako
writter

Picmarry編集部 フォトウェディング・前撮りなど結婚写真に関するお役立ち情報をお伝えします♪

フォローする

2000円引きのクーポンをもらって記念写真を撮ろう!

このページの先頭へ